グローバル ニッチ トップ 企業 100 選。 「グローバルニッチトップ企業」とは?

選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

経産省が発表した「グローバルニッチトップ企業100選」に注目した。 2回目となった新グローバルニッチトップ企業100選では、機械・加工部門61社、素材・化学部門24社、電気・電子部門20社、消費財・その他部門8社が選出されました。

7
選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

そのうち94社を中堅・中小が占め、部門別の内訳では機械・加工部門52社、素材・化学部門20社、電気・電子部門15社などとなっています。

18
選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

こうして選ばれた113社の平均的な姿をみてみると、世界シェアは43. このほかの上場企業では、フコク の新車装着用ワイパーブレードラバー、兼房 [東証2]のFerro Maxコールドソー、オーエスジー のねじ切り工具、ソディック のNC放電加工機、日進工具 の小径エンドミル、ミクロン精密 [JQ]の心なし研削盤、レオン自動機 の包あん機、ユニオンツール のプリント配線板用超硬ドリル、日精エー・エス・ビー機械 のプラスチックボトル生産機を選定。

1
選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

21倍の成長率になったという。 消費財・その他部門 セーレン(3569) 1,979円 15. 05mm)の量産を実現するなど高い技術力を保持しています。 フロイント産業(6312) 881円 10. 競争優位性 高い技術力、新しいものを生み出そうとする企業姿勢により、細かな要望にも根気強く応えることができることが当社の強みです。

選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

また、プレス加工に最適な 低速・高トルクなサーボモーターを世界に先駆けて自社開発し、高い応答性、高エネルギー性を実現している。 大阪ソーダ(旧ダイソー)(4046) 2,749円 11. 独自のセンシング技術を活用した屋外向け侵入検知センサで世界4割のシェアを獲得。

選 トップ 企業 グローバル ニッチ 100

原子レベルで物体の情報を観察できる「透過電子顕微鏡」を製造。 0%という企業群となっている。

6